2006年01月16日

バルセロナ vs ビルバオ(05-06.19節)

ガチガチの守るビルバオ。
ロナウジーニョに対してラクルトがオフザボールの時ですらベッタリマンマーク。
不本意な順位のビルバオが、連勝街道まっしぐらのバルサに対してこういった戦術をとるのは無理もない。
これが奏して序盤はバルサの攻撃を封じ込め、
さらにはCKから先制点をゲット。
あとは守りきるだけなんだけど、
90分も今のバルサを止められるわけがない。
というかあっさりハンドでPKを献上。
ストレス発散スッキリ!って感じでロナウジーニョが決める。
あーあ、やっぱり守りきれないかなーっという前半終了。

奥寺さんすらファン・ボメル→イニエスタに交代すべきだ、
って言ってたくらいファン・ボメルは絡めてなかった。
しかし後半になっても特に選手交代はなく、
ファン・ボメルも攻撃に絡みまくりで、
メッシの勝ち越し点を呼び込むシュートを放つほど。
その後クロスバーにも当てたりと大活躍。
チリチリパーマが短くなっててパンチパーマみたくなってたけど良し。
最後にはイニエスタに交代してたけどね。

デコは縦にドリブルすると最後には必ずと言っていいほど転ぶが、
最近どんどんわざとらしくなってる気がする。
転んだ挙句引っ張りあげようとしたビルバオの選手(誰だか忘れた)に、
掴みかかったか殴りかかったかして退場になっていた。
その前からやり合ってたようだけど、
勝ってる試合でもったいないなー。
デポルを倒したアラベス戦にやや不安を残す。

ちなみに、
1点目の失点はエヂミウソンがジョレンテに前に入られため。
びっくりするくらいのイージーなパスミスでピンチを招いていたし、
CKでジョレンテがドフリーでヘディングを外していたが、
これをドフリーにしたのも何を隠そうエヂミウソンである。
ライカールトはここ最近のエヂミウソンを評価しているって言ってたけど、
かばってるだけなのかな。
でも、1月の移籍で誰も獲ってないし、
本当に満足しているんだろうな。
勝ち続けているから気にもならないところだけど、
負けてからじゃ遅いと思うんだよなー、特にCLとかは…。


posted by ジュビリー at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | 蹴ってるの見てるの

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。