2006年01月23日

バルセロナ vs アラベス(05-06.20節)

デコがいないエトーがいない、といっても、
最下位のアラベス相手にその程度で危機に陥るようなバルサではなかった。
前半は数多くのチャンスを作りながらも、
アラベスの執念によりなかなか得点には至らなかった。
とりわけ久々にスタメン出場のジュリは気持ちの入ったいいプレーを連発。
後半早々にはGKとDFの間をすり抜ける絶妙なグラウンダーのパスで、
ラーションの先制点を引き出した。
その後再三にわたってシュートを放つもGKとクロスバーとポストに弾かれる。
「もう信じられない」って感じだったが、
後半途中、ラーションに代わってメッシー登場。
本来ならラーションではなくジュリなんだろうが、
ここらへんでライカールトの優しさを感じる。

その後…

アラベス相手だったからか多分50%くらいでやってたロナウジーニョが、
PK外したこともありちょっと本気で縦に切れ込んで、
クラシコでも見せたような逆サイドへのシュート!
GKがなんとか足を伸ばして止めるが、
走りこんできたメッシーが押し込んでゴール!!2試合連続だ。

散々惜しいシュートを放っていたジュリが報われない。。。
ジュリには申し訳ないが、多分メッシーはそういう星の元に生まれた子なんだよ。
今メッシーとポジション争いをするのって、
精神的にはものすごくツライんだろうなぁと思う。
それをファンも十分わかっていて、
ファンがわかっていることもライカールトはわかっているからこそ、
今日みたいな交代をしたんだと思う。
最終的にはジュリもマキシと交代。これなら文句もないわな。
直接的にラーション→マキシ、ジュリ→メッシーにしなかった、
何度も言うがライカールトの気配りナイス。

ジュリが辛いんだろうなぁとわかっていても、
自分も含めてみんなメッシーが見たいのも事実。
非情なもんだね。

posted by ジュビリー at 17:53 | Comment(27) | TrackBack(10) | 蹴ってるの見てるの

チェンバロ作戦

連邦軍のチェンバロ作戦。
史実通りならジオン防衛線であるソロモンが抜かれ、
敗戦濃厚になっていくきっかけとなる作戦だ。
イベントでニムバス任が入るも、結果的には競合バーは真っ青。
ソーラーシステムもあっさり発射され、史実通りに劣勢の展開。
その後満を持してドズルがビグザムで出撃。
なんとか持ちこたえてティアンム撃破で進行度が下がる。
競合ビグザムが肝だったようで、
連邦軍のチェンバロ作戦は失敗に終わった。

次は地上なのか…。
宇宙で300編成しようと思ってたけど、微妙だなぁ。

作戦開始当初は50位前後でダメダメだった。
というのも高HP狙い距離2ビームライフルのガンダムに対して、
専用初期ギャンで地上以来ようやくスタメン復帰した部下1が弱すぎたせいだと思う。
バカスカ喰らっては射撃が的にされといった感じでズタズタだったようだ。
かと言ってテコ入れできるわけもなく、
ただひたすらに部下1の成長を待つ。貯まった成長Pは全て盾スキルに。
盾スキルがUPするに連れて順位も上がっていく。
後半、高HP狙いが距離3ガンキャノンに変更になりさらに追い風。
部隊長も部下1も得意距離は3なので好都合だった。
PC戦のない宇宙でジワジワ順位を上げ最終的には15位でフィニッシュ。

基本編成は、
専初ギャン、ヅダ★、SC、リック☆、リック☆
LVに合わせて射撃が高機動改☆とかリックU。

宇宙に後方にいながら3敗もしちゃっているのだが、
1敗は明確に覚えている!
最前線を覗きに一度ソロモンに行ったんだけど、
「前線:強い」に移動しちゃってしまったーと思って、
まぁいいやすぐサイド2に戻そうとしてたら戦闘始まっちゃって、
その相手が「ホワイトベース隊」だったっつー話。瞬殺。
もう2度と最前線を覗きに行くようなマネはやめようと誓う。

これまでの順位。
13位、31位、31位、2位、12位、15位


現在の訓練値

◆部隊長:気力格闘壁(専用ザク陸、専用Pグフ、専用ヅダ)
攻撃36防御72反応67
気力9格特5格攻5切払2対空1盾防9先制6視界9距39戦術3指揮1隊戦1

◆部下1:気力格闘壁(専用初ギャン)
攻撃30防御60反応57
気力9格特5格攻5切払1対空1盾防9先制7視界7距39戦術2

◆部下2:NT射撃壁(専用ザクC、専用蛸)
攻撃32防64反応63
NT素1NT4射特5先制6視界9距19戦術2

◆部下3:NT射撃(専用マゼラアタック)
攻撃66防御33反応61
NT素1NT5射特5中射5遠射5先制8距39戦術2

◆部下4:NT射撃(専用マゼラアタック、専用乙)
攻撃66防御33反応61
NT素1NT6射特5中射5遠射5先制8距39戦術4

◆部下5:NT射撃(専用マゼラアタック、専用乙)
攻撃66防御34反応61
NT素1NT7射特5中射5遠射5先制8距39戦術2

posted by ジュビリー at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時の涙を見る

2006年01月17日

ビルバオのクレメンテ監督が人種差別発言

バルセロナvsビルバオの試合中、
確かにエトーはビルバオの選手に対してツバを吐いていた。
これに関してエトーは、
「つばを吐きかけた行為に対して謝罪を表明し、特にビルバオの選手を狙うつもりはなかったと強調した。」
ということになっているらしい。

人に対してツバを吐く行為は許されるコトではない。
これが子供たちの手本となるべきスポーツ選手であれば尚更だ。
プレーはともかくプロスポーツ選手としての手本には、
エトーは絶対にならないだろう。
軽はずみな発言も多く、子供すぎる。

だからと言って、
「つばを吐きかける人たちは、木から降りてきた人だとばかり思っていました」
というビルバオのクレメント監督の発言は、
それ以上に許されることではない。

ツバを吐く行為や軽はずみな発言をしてしまうのは、
自制心のない幼稚な人間が感情的にやってしまうのはわかる。
しかし感情的になって人種差別的な発言をするということは、
常に潜在的に差別感情を抱いていて、
それを自制心でもって心の内に留めているだけである。

アンリに対して差別的発言をしたルイス・アラゴネス代表監督にしても、
差別はしていて、それを公に口に出していないだけ、
という差別主義者が多々いるということを露にしたことになる。

だからといってエトーの行為を擁護できのか、というのは別の話である。
なんとなく憎めないキャラ、って感じで許されているが、
彼自身も世界的なビッグクラブの選手として、
国を代表する選手として、もっと成長して欲しい。

そしてスポーツの世界で、
いまだに人種差別が問題になるなんて悲しすぎる。
どこで問題があったとしても、
スポーツの世界だけはそうでないことを願いたいのに。。。


posted by ジュビリー at 15:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 蹴ってるの見てるの

2006年01月16日

バルセロナ vs ビルバオ(05-06.19節)

ガチガチの守るビルバオ。
ロナウジーニョに対してラクルトがオフザボールの時ですらベッタリマンマーク。
不本意な順位のビルバオが、連勝街道まっしぐらのバルサに対してこういった戦術をとるのは無理もない。
これが奏して序盤はバルサの攻撃を封じ込め、
さらにはCKから先制点をゲット。
あとは守りきるだけなんだけど、
90分も今のバルサを止められるわけがない。
というかあっさりハンドでPKを献上。
ストレス発散スッキリ!って感じでロナウジーニョが決める。
あーあ、やっぱり守りきれないかなーっという前半終了。

奥寺さんすらファン・ボメル→イニエスタに交代すべきだ、
って言ってたくらいファン・ボメルは絡めてなかった。
しかし後半になっても特に選手交代はなく、
ファン・ボメルも攻撃に絡みまくりで、
メッシの勝ち越し点を呼び込むシュートを放つほど。
その後クロスバーにも当てたりと大活躍。
チリチリパーマが短くなっててパンチパーマみたくなってたけど良し。
最後にはイニエスタに交代してたけどね。

デコは縦にドリブルすると最後には必ずと言っていいほど転ぶが、
最近どんどんわざとらしくなってる気がする。
転んだ挙句引っ張りあげようとしたビルバオの選手(誰だか忘れた)に、
掴みかかったか殴りかかったかして退場になっていた。
その前からやり合ってたようだけど、
勝ってる試合でもったいないなー。
デポルを倒したアラベス戦にやや不安を残す。

ちなみに、
1点目の失点はエヂミウソンがジョレンテに前に入られため。
びっくりするくらいのイージーなパスミスでピンチを招いていたし、
CKでジョレンテがドフリーでヘディングを外していたが、
これをドフリーにしたのも何を隠そうエヂミウソンである。
ライカールトはここ最近のエヂミウソンを評価しているって言ってたけど、
かばってるだけなのかな。
でも、1月の移籍で誰も獲ってないし、
本当に満足しているんだろうな。
勝ち続けているから気にもならないところだけど、
負けてからじゃ遅いと思うんだよなー、特にCLとかは…。


posted by ジュビリー at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | 蹴ってるの見てるの

2006年01月13日

サイド5攻略作戦

1月5日、連邦軍のサイド5攻略作戦が開始された。
今作戦も宇宙で放置。
NT射撃壁に専用蛸を買い与え、

部隊長:専用ヅダ
部下2:専用蛸
部下3:ヅダ
部下4:ヅダ
部下5:ヅダ

こんな感じの編成で10位前後を彷徨う。
時間切れ防衛成功だったので、
作戦終了は1月12日のまるまる1週間。
途中LVアップしてもヅダ→高機動改☆に変更した程度だったが、
11日の20時にギャン初期生産型が発売されると、
好転を期待して、部下1に専用機を購入。
しかしこれまで控えにまわっていたせいもあってか、
成長が不十分。
バカスカ当てられたいした成果はみられず12位でフィニッシュ。

これまでの順位。
13位、31位、31位、2位、12位

現在の訓練値

◆部隊長:気力格闘壁(専用ザク陸、専用Pグフ、専用ヅダ)
攻撃32防御62反応60
気力9格特5格攻5切払2対空1盾防9先制6視界9距39戦術3指揮1隊戦1

◆部下1:気力格闘壁(専用初ギャン)
攻撃28防御54反応54
気力9格特5格攻5切払1対空1先制7視界7距39戦術2

◆部下2:NT射撃壁(専用ザクC、専用蛸)
攻撃30防60反応56
NT素1NT4射特5先制6視界9距16戦術2

◆部下3:NT射撃(専用マゼラアタック)
攻撃57防御29反応56
NT素1NT4射特5中射5遠射5先制8距39戦術2

◆部下4:NT射撃(専用マゼラアタック、専用乙)
攻撃57防御29反応56
NT素1NT5射特5中射5遠射5先制8距39戦術4

◆部下5:NT射撃(専用マゼラアタック、専用乙)
攻撃58防御29反応56
NT素1NT4射特5中射5遠射5先制8距39戦術2

posted by ジュビリー at 13:22 | Comment(1) | TrackBack(4) | 時の涙を見る

2006年01月11日

冬の移籍市場

シーズン途中のカルチョメルカート。
この時点でのビッグネームといやぁ、
やはりカッサーノ→レアル・マドリーでしょうかね。
ラウルがケガ、ロナウドがケガ、
ただでさえピンチのレアルにとっては安い買い物だったかも。
しかし天狗の鼻が伸びっぱなしになりそうで心配。
ローマよりは品格のあるチームだけに余計に心配。

ヴィエリ→モナコも決定したようですね。
W杯を見据えて出場機会を求めて、そしてリッピも擁護、
という話ですが、どんだけ爆発的な活躍をしたとしても、
スタメンは厳しいでしょうなぁ。
デルピエロも頑張っているところですし、
ユベントスが8強進出=サッカー・イタリア杯
こっちの方がリッピの信頼もあるだろうし、ヴィエリはどうかな。
FWのポジション争いが過激になってきた感じ。

ところで我がマンUはというと、
スパルタクモスクワからネマニャ・ヴィディッチ、
モナコからパトリス・エヴラを獲得したようだ。
どうやらグレイザーの財布の紐はたいして緩まなかったようね。
期待していたマニシェは結局チェルシーにもってかれてるし、
こりゃまぁモウリーニョいるし仕方ないか。
バラックがCL敗退しているチームに、わざわざ来るわけないし、
そんな金を奴が出すわけないし、
この冬の移籍はもう終わりかしらね。
欲しいポジションにしっかりと補強はできたとして、
良しとするべきところでしょうか。。。

おまけじゃないけど、
鹿島の鈴木がまた海外に行くようだ。
行く先はセルビア・モンテネグロの名門レッドスター・ベオグラード。
これまたマニアックなリーグへと…。
鈴木 来週中にもレッドスター移籍

posted by ジュビリー at 11:42 | Comment(1) | TrackBack(1) | 蹴ってるの見てるの

モーツァルトの頭蓋骨

モーツァルトの頭蓋骨?

生誕250年のモーツァルトのものとされる頭蓋骨の話。
なんでもオーストリアの国営テレビでその真相を明らかにすべく、
専門家がDNA鑑定をしたそうだ。

ふと疑問に思うのだが、
200年前とかに死んだ人のDNA情報が今わかったところで、
その情報がモーツァルトのだってわかるには、
そもそもモーツァルトのDNA情報がないとわからんもんなんじゃないの?
モーツァルトの髪が残ってるとか、
子孫のDNAと比べるとか、
そういう話かね。
単純に年代だけ調べるとか、そういうことかしら。

どちらにしても、骨なんだし、ほっといてあげたらいいのに。
とは思うのだが、
これを日本に例えた時、
例えば織田信長の頭蓋骨かもってのが発見されたら、
そりゃ同じように騒ぎになるんだろうなぁ。日本だけで。

posted by ジュビリー at 11:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | ときどき思う

フォカッチャ

モスバーガーのフォカッチャを喰う!

現在期間限定で、モスバーガーで売られているフォカッチャは4種類。

・北のコロッケフォカッチャ
・北のコロッケマーボーフォカッチャ(辛)
・バーベキューフォカッチャ
・ハバネロフォカッチャ(激辛)

辛いのが食べられないお子様舌なので、
北のコロッケフォカッチャとバーベキューフォカッチャを食べました。
たまらんです。昼飯この2つで全然OKでした。

それぞれカツソースとバーベキューソースが肝なんだけど、
比較的カツソースの方が強烈で、
バーベキューソースの方がマイルド。

ちなみにフォカッチャとは、
はてなダイアリーによると、

フォカッチャとは、イタリアで食べられている平焼きしたパンのことです。
発酵生地を平らに伸ばして焼いたパンで、塩味とオリーブオイルが効いています。
ローズマリーなどのハーブやオリーブをのせたものや、甘味を加えたりしたものなど、
いろいろな種類のフォカッチャがあります。
フォカッチャはイタリア料理によく合い、
そのまま食べたり生ハムなどを挟んでサンドイッチにしたりします。

ということらしい。


posted by ジュビリー at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | こだわりのない食生活

2006年01月04日

東アジア反攻作戦

1月3日。あけましておめでとうございます。
新年早々、東アジアも連邦様に奪われました。
これで地上はユーラシアだけに。
よって地上でVPをやるには、
必ず連邦PCとの戦いがついてまわることに。

しかし今作戦は個人的にはオイシイ結果に。

部隊長:専用ヅダ
部下2:ザクレロ
部下4:専用乙
部下5:専用乙

NPC編成がされるまではザクレロを通常距離2射撃で編成。
このおかげで上位どころか1位に。
しかしNPC編成で強エリにガンダム(高HP狙い)が登場すると、
部隊長に専用高機動型ザク後期型を置き、
低壁にヅダとトリアーエズ、
射撃に乙2機編成の前作戦も1位の方がジワジワとランクを上げてくる。
ちょうど年越しあたりで激しい争いになり、
2006年最初の1時間は1位でいられましたが、
その後は引き離されるばっかりでした。
ガンダム登場後にザクレロを通常→全防にしたくらいで、
特に変更することがなかった(できなかった)から仕方ない。
でもまぁ、2位は上出来でしょう。

さて、部隊長の専用機枠をヅダで使いきってしまいました。
壁の残りは部下1に2枠、部下2に1枠。
部下2には専用蛸を予定してますが、
あきらかに失敗したなぁと思ったのは、
得意距離を1にしてしまったところ。
なので悪党にすべきか悩ましいところです。
部下1にはイフ改、EXギャンorゲルをと考えていたけど、
このジオンの圧倒的な劣勢を考えると、
イフ改は捨てて、初期ギャンにするのもアリかもしれない。
この時点で地上を完全に捨てる選択ができるかどうか…。
専用蛸が得意距離1の射撃壁で使えるのかどうか…。
悩ましいっちゃー悩ましい。

現在の訓練値

◆部隊長:気力格闘壁(専用ザク陸、専用Pグフ、専用ヅダ)
攻撃30防御54反応50
気力9格特5格攻5切払2対空1盾防9先制6視界9距39戦術3指揮1隊戦1

◆部下1:気力格闘壁
攻撃28防御50反応50
気力9格特5格攻5切払1対空1先制7視界4距31戦術2

◆部下2:NT射撃壁(専用ザクC)
攻撃28防御56反応50
NT素1NT4射特5先制6視界9距11戦術2

◆部下3:NT射撃(専用マゼラアタック)
攻撃50防御25反応48
NT素1NT2射特5中射5遠射5先制8戦術2

◆部下4:NT射撃(専用マゼラアタック、専用乙)
攻撃50防御25反応48
NT素1NT4射特5中射5遠射5先制8距39戦術4

◆部下5:NT射撃(専用マゼラアタック、専用乙)
攻撃50防御25反応49
NT素1NT3射特5中射5遠射5先制8距39戦術2

posted by ジュビリー at 02:58 | Comment(1) | TrackBack(2) | 時の涙を見る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。